n-star h-star star

職場でセフレを作る悩みと危険性

会社でセフレを作る人もいるので改めて管理人の意見を言わせてもらいますがメリットなんて1つもないですよ。

特に既婚者に多いのですが、職場で上司と部下の関係で不倫もしくはセフレ関係は危険しかありません。下手したら社会的に死ぬ可能性もあるのでやらない方がよいです。

危険性は大きく分けて3つありますのでそれぞれ確認してください。

同僚や会社の人から気付かれて上に報告されるリスク

これはよくある話です。実際に店長クラスの人が部下と不倫関係になりそれが周知されて同僚が幹部に報告するケースは珍しくありません。

特に出世欲のある人間であるならば他人を落とし入れたりすることもするでしょう。

実際にコレを受けてしまい店長だったがレベルの低い店舗に左遷されて女性は解雇になった例もあります。

結局のところ左遷された場所でも居心地が悪くなり退社することにもなったので悪いことはできないですね。

既婚者ならば訴訟されるリスクがある

女性の方もリスクを考えなければなりません。

大抵の女性は「自分はバレない、証拠も消している」と自信を持っていても必ずどこかでバレてるんです。

特に職場に女性がいた場合すぐ気付かれます。

立ち振る舞いや仕草、男性に接する態度でなんとなくですが「できてるこの2人?」と女性の感でわかるみたいです。

もし気付かれたらすぐに噂は広まっていき自分でも収集がつかないほどになります。

相手が既婚者である以上バレた場合慰謝料を請求されることもあります。

不貞行為があり裁判所から認められた場合の慰謝料の相場は平均200万円です。

これだけの額を女性が支払うのは非常に困難ですので訴訟リスクを無くすためにも職場でセフレを作るのはやめましょう。

未婚同士でも会社に居づらくなる可能性がある

訴訟されるリスクは無くてもセフレ関係というのは同僚には知られたくありませんよね。

上記でも書いたようにいつかは誰かに気付かれてバレます。こうなると陰でコソコソ言われる可能性がありハートが強い人ならばよいでしょうが、弱い人は会社に居れなくなります。

そして、それ以上に男性から都合の良い存在として扱われて将来性のない関係になりダラダラと続いていく方も怖いと思いませんか。

周囲に知られるリスクは新しい職場恋愛の可能性まで奪われます。

社会人になってからは出会いの場面は減っていきます。

自分の行動で環境を悪化させて新しい可能性を摘むことは決して得策とは言えません。

セフレをもし作るのであるならば自分のエリアに関係のない出会いサイトで探す方が良いでしょう。

職場でセフレを作る悩みと危険性へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.