n-star h-star star

セフレ掲示板で募集するときやってはいけない4つのこと

セフレ募集する上で“絶対にやってはいけない”事です。当然と言えば当然の事なんですが、そこを見落としてしまうだけでせっかくのチャンスも無意味な事になってしまいます。今からセフレ募集する方、今まさに関係を築こうとしている方など欠かさずチェックしておきましょう。
セフレ掲示板で募集する場合は重要で、当たり前のことです。
セフレ募集でやってはいけない4つの事

セフレ相手の身上などを調べない事

深く関わりあわないというのが前提の付き合いとなります。
相手から話さないような事を無理に話させようとしたり、身上を調べる・聞くことはタブーです。
相手に家庭がある場合は特に、調べた結果相手にも知られ、アナタの身の上まで危うくなる可能性も高まることを覚えておきましょう。

感情的にならない事

一度関係を持てば感情が入ってしまうことは仕方のないことですが、彼女や彼氏のように付き合っているわけではありません。より長期的な関係を続けたいのならば、特に感情的にならないようにするべきでしょう。

跡を残さない事

首にキスマーク。背中に爪を立ててしまった状態などセフレの関係がバレてしまうような「跡」を残してしまうことはNGです。ただの相手のカップルが喧嘩になるだけでなく、自分の身に何かが降りかかってくる可能性もあります。

セフレ相手にそれ以上の事を望まない事

セフレとは「体以上の事を求めない関係」です。中には、旅行や食事に行きたがる異性もいますが、それは特別な場合のみ。
それ以上の関係を望んでしまうと、上記の全てを詮索したり跡を残したりと何もいい状況に繋がりませんので注意しましょう。

まとめ

セフレを安全に作るには以上の4つのことを守らなければならないのですが、普通に守ろうとしても相手の素性や痕跡を残さないといった部分は守るのが難しい内容です。
そこで利用するのがセフレ掲示板なのです。出会い系サイトの運営するセフレ掲示板なら安全面はサイト側が管理して自分たちはおもいっきりセフレを探すことに力を入れることができるので効率が全く違うんです。

皆さんも上記の4つことを守るのが難しい場合はセフレ掲示板を利用することをオススメ致します。

>>セフレ掲示板へ戻る

セフレ掲示板で募集するときやってはいけない4つのことへのコメント