n-star h-star star

沖縄のセフレ掲示板は業者が少なくてヤリやすいスポット

8月ということもあり、夏を満喫したいという理由もあって取材がてらバカンスを楽しんできました。
8月の沖縄はカラっとした暑さで湿気も少なく風邪がよく通っていました。
飛行機から降りたときは熱風が吹いているのかと思うくらい暑かったけど、慣れれば本土よりも過ごしやすい気温だと思いました。
全国的に猛暑が続いている中、沖縄の気温は例年通りということもあり避暑地扱いをされるのも納得です。

沖縄に到着する前に既に自分は現地の女性とアポをとっておりました。
沖縄のセフレ掲示板と言えば自分がおススメするのは「PCMAX」のアダルト掲示板です。
ここだけの話ですが、現在出会い系業者の規制が厳しくなっており警察の監視が常に付きまとっています。
特に人口の多い主要都市を狙い撃ちしている情報があります。
理由としては人口が多くなるにつれて馬鹿なことをする輩が増えるので一斉にマークできるからだとか。
地方になるほど地元風俗で働く経緯もあるので業者がいないという背景もあります。

那覇の松山は人通りの多い歓楽街なので会いやすい

以前より松山で会うことを推奨しているのは人通りが多く飲み屋が豊富にあり、近くに安いラブホテルが乱立しているところです。
特に松山入口のローソンは目立ちやすく涼めるので待ち合わせには最適ですね。
女性と合流してご飯を食べに行くにも沖縄の食べ飲み放題の最低料金は2500円からと非常にリーズナブルな価格。
本土では考えられないコストパフォーマンスを考えれば風俗を利用するよりも安上がりになることもあります。
とは言っても沖縄のソープランドも16000円も出せば本土から出張で来ている遠征嬢を相手にできるんですけどね(笑)

現地の女性は飯を奢れば大体ヤラせてくれる

これは経験から出したことですが、本土の女性に比べてご飯を奢ればやらせてくれる確率は上がります。
偏見ですが、本土に比べて収入が低い男性が多いのでご飯を奢ってくれる男性に魅力や頼りがいを感じるのではないかと思っています。
今回は那覇市松山にある広島風お好み焼き屋「O」店に向かいビールと突き出しの枝豆を食べながらお喋りをして、食べ終わると「じゃあホテルいこっか」とオラオラスタイルでタクシーに乗り込む。
別にオラオラな態度でなくても、相手も「奢ってもらったし別にいいか」の思考なので優しく誘ってもいいですがイェスノーの選択権を与えると逃がす可能性があるのでおススメはできないですね。
タクシーの行先は地元の安いラブホテルで有名なサントピア21。
最高5000円で宿泊もできますが、2500円から3000円で2時間休憩があるのも魅力なので今回は1万円で沖縄の飯と現地女性を頂くことができました。

沖縄のセフレ掲示板は業者が少なくてヤリやすいスポットへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.