n-star h-star star

40歳のおじさんでも20歳のセフレを作る方法

セフレを作るには年代によって条件ややり方を変えていかないと相手とマッチングできないのは中年男性の悩みではないでしょうか?

今回は40歳になってもセフレを作る方法を独自の持論ですが教えていきたいと思います。

自分の武器を再認識

40歳と言うと、世間では会社で役職に就いたりして良い年収を貰っている人もしくは独立して会社を営んでいる人など自立と責任がある人だとイメージされています。
若い頃はイケメンだった人もおじさんになり精力も衰えてきます。そうなると40歳は顔で選ばれることは少なくなりますよね。
イケメンで若い人が好きなら20歳のピチピチイケメンを狙うはずですし、それでも40歳が選ばれる理由は「おじさんフェチ」という可能性があるんですよ、
おじさんフェチならば、おじさんフェチの女性が喜ぶポイントを押さえておけばマッチングできる可能性が高くなりますよね。

お金と余裕と大きな船

やはり武器となるのは「お金」と言えるでしょう。お金がないとお小遣いも渡せないし、良いお店にも連れていくことはできません。
「所詮金かよ」嘆いているおじさんは、おじさんフェチの女性から好かれることはありません。
反町隆史のようなイケメンで身長と知名度が高くて少し悪い空気を漂わせる色気があるならお金がなくても戦うことはできますが、大半の人はそんなステータスを持っていません。
なので、お金が武器なんですよ。
若い男の子と比べておじさんのメリットを上げると「お金」が第一候補に挙がってきます。
それほどお金には魔力があるのです。
そして、お金があれば自ずと余裕が生まれてきます。この余裕がおじさんフェチをくすぐる要素であり若い男の子にはありません。
余裕が生まれれば「頼りがい」が生まれてきます。これを総じて「大きな船」と筆者は唱えています。

安心できる人を求める=ファザコン気質の流れ

女性は誰しも男性に頼りがいを求める生き物です。男女雇用機会均等法が力を強め男女平等の社会になりつつあるも体力面や稼ぎ・信頼面では男性の方が勝っていることの方が多いでしょう。
そして格差社会の不安も受けて弱い女性はさらに男性に頼りがいを求めてしまいます。
それは本能として組み込まれている部分があり、自分の父親などを投影して人を好きになる娘がファザコンになりやすい傾向があるのも事実です。
おじさんフェチの人は2パターンに分かれており、ファザコン気質だった娘がおじさんを好きになるパターンと父親が以内シングルマザーの元で育った娘が理想のパパを求めてしまうケースです。
前者は納得する部分がありますが、後者の場合は芸能人で加護亜依が当てはまります。理想の父親を求めてしまいダメ男に嵌ってしまう幼い精神面からメンヘラになりかねないので注意が必要です。

40歳のおじさんでも20歳のセフレを作る方法へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.